ぼうの秀治と海

立憲民主党三重県第4区総支部長

あたたかい未来をつくる あなたぼうの約束

あなたとの

約束

格差をなくす

不安を 減らす

平和を 守る

声を、聞かせてください。
-この国に住むすべてのひとがより生きやすくなるために-

 約23年にわたり、地元三重の民放テレビ局でアナウンサーとして、また記者として、三重県の隅々まで足を運んできました。特に伊勢志摩・東紀州地域には、神宮や熊野古道といった「こころのふるさと」があり、また、豊かな自然に育まれた農産物・海産物に恵まれています。一方で、三重県の南部と北部との地域間格差、過疎・高齢化、さらにはコロナ禍による観光・宿泊業や飲食業などの厳しさも目の当た りにしています。

 取材を通して、この地域に住む人たちの様々な話を、この耳で聞いて来ました。そんなお一人お一人の声が、私の背中を押してくれたのです。これからも、あなたの声が、私の原動力です。

ぼうの秀治の挨拶

坊農 秀治(ぼうの しゅうじ)history

  • 1972(昭和47)年1月24日、鹿児島県に生まれる。病院中に響き渡る大きな産声だったらしい。

  • 幼少期。なんでもよく食べる割に運動は嫌いで、丸々としていた。母曰く「外では大人しいのに家 ではうるさい子」だったそう。

  • 「受験生のみんな、がんばってね!」というラジオの声に励まされ、第一志望の大学に現役合格。 そんな「不特定多数のひとを声で元気づける」仕事に憧れ、アナウンサーを志す。

  • 1995年、岐阜放送でアナウンサーとして活動。その後、三重テレビ放送に入社し、アナウンサーや 政治記者として約23年間務める。取材や報道を通して三重の魅力と人びとの暮らしに触れ、三重が大好きになる。

ぼうの秀治誕生
ぼうの秀治と母

趣 味

音楽鑑賞(80~90年代の邦楽ロック・ポップス中心に幅広く)

旨いもの巡り(美味しいもの教えてください!)

特 技

ナレーション

座右の銘

自利利他

指さすぼうの秀治
 
対話
枝野幸男とぼうの秀治
海女さんとぼうの秀治